>> 敷金にも使えるカードローンはこちら

敷金をローンでラクラク支払い~お金を借りるのに必要な条件は?

では実際に利用するにあたってどんなことが必要になってくるのでしょうか? ここでは、お金を借りるための条件ついて紹介をしていきたいと思います。

お金を借りるにあたって、必要な条件としてよく挙げられるのは 1年齢 2収入・勤続年数 3居住形態 4連絡先の有無 である場合が大半でしょう。

まずは年齢ですが、一般にカードローン利用自体が可能な年齢は20代からが多く、条件をクリアするのに有利なのは30~40代といわれています。

これは収入があるかを図る上での審査基準ですので、年齢が高いほど信用が高くなりやすい当然のことかもしれません。

次は収入がどれくらいかというところ。ここはどの企業での審査でも必ず見られる項目です。

一般に収入に関しては多ければ多いほど審査が通る可能性は高くなり、借りる条件を満たす境界線としては、年収200万円というケースが一番多いようです。

年収200万だと、だいたい、1人で暮らしする上で必要なコスト分です。 このラインが審査基準となるのは、まとまったお金の返済を行うために必要な収入の水準がこれくらい、という見方をしているからではないでしょうか? ただし、収入面で不安がある方でも、保証人を立てることにより条件をクリア出来る可能性もあります。

次は会社の勤続年数、会社の勤続年数がは、多ければ多いほど審査の際もプラスに働いてきます。 逆に勤続年数が少なく、職を転々としているような人は、その信用も低くなりがちです。

居住形態とは、シンプルに持ち家に住んでいるか賃貸しているかということです。一般に条件が良いのは持ち家に住んでいる時です。

持ち家は金融資産となりうるのでお金を貸す側から見た場合の安心材料となるからです。ただし、だからといって社宅や賃貸だと審査が降りないという訳はありませんので、そこまで気にしなくてもいいでしょう。

そして電話ですが、電話の場合は固定電話と携帯、どちらも持っていることが最も評価が良いです。 また、携帯電話よりも固定電話所有の方が、プラスに評価される傾向があるようです。

逆に、携帯電話、固定電話どちらも持っていない場合は、本人と連絡が付きづらくなる等の理由で、敬遠されやすいとも言えます。

これらが、お金の借り手が審査を通る際に必要な条件になりますが、あくまでだいたいの目安でしかありません。まずは審査を行ってみないと分からない部分も大いにありますので、参考程度に考えて頂ければと思います。

関連記事

    引っ越しの敷金をローン利用で無理なく支払い

    引っ越しの準備を行う時って大変ですよね。 荷造りに始まり、水道・ガス・電気などの切り替え、市役所での手続きなど全てを行っていくと膨大な時間がかかってしまいます。 加えて金銭面で大きな負担としてのしかかってくるのが、引越し業者に支払う代金、粗大ごみなどの回収料金、そして敷金と礼金です。 とく... 記事を読む

    礼金・敷金一度に支払うのがキツければローンの利用を

    ここではカードローンを利用して敷金・礼金の支払いを簡単にしていく方法についてご紹介します。 たとえば家賃が7万円の物件に移り住もうと考えていた場合、敷金と礼金があわせて3ヶ月分くらいのところが平均的ですよね。 単純に計算すると7万×3ヶ月分でおよそ21万の費用がかかることになります。 21万... 記事を読む

    礼金敷金はローン・分割が出来ないのが普通~まずは簡単に審査してみましょう

    先ほども述べたように、不動産で賃貸する場合、敷金礼金の支払いは一括での請求が普通で、ローン・分割して払うという選択肢を取ることができません。しかし、カードローンならばそれが可能です。 まずはカードローンを利用する際に必要な審査手順の流れを簡単に押さえてみましょう。 まずは、各金融機関から提... 記事を読む

    敷金にローンを利用した方の声 20代女性

    東京都内に住む、20代(女)です。 転職を機に、引っ越しを考えていましたが礼金や敷金のまとまったお金を準備するのが大変だったため、カードローンを利用することで工面しました。 引っ越しにかかる費用が、無かったわけではありませんが、貯金を一気に切り崩すのも心配でした。 もちろん可能ならば一括で支... 記事を読む

    キャッシングは事業に使えないお金

    本来キャッシングというのは、個人的な利用をするために使われており、それ以外の用途で使うことは許されていません。勝手に利用しないようにして、個人の利用にとどめるようにしてください。これが法人用、事業用に利用されていることがわかってしまうと、用途が違うことを指摘されることもあります。また事業用のキ... 記事を読む

このページの先頭へ